【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM M05 レビュー】低域の活きの良さにアタック感と精彩感のあるヘッドフォン。aptX対応。日本語を含む多言語マニュアル付属

AUSDOM ワイヤレス ヘッドホン ブルートゥース ヘッドフォン bluetooth ヘッドセット 密閉ダイナミック型 M05

 

 ヘッドバンドはアルミの芯フレームをプラスチックの外殻が保護するしっかりした作り。 イヤーパフの当たりは柔らかく、ヘッドバンドのクッションも厚い。 aptX対応。 遅延は全く感じられないので動画鑑賞にも向く。

 

 【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は日本語を含めて多言語に対応するマニュアル、USB充電ケーブル、AUXケーブル、メッシュの携行袋が付属する。 左イヤーパッドに電源とボリュームコントロール、AUXコネクタ。 右イヤーパッドにUSB充電コネクタ、曲戻り/送り、再生/停止コントロールが配置されている。 BT入力の他にAUX入力に対応する。

 

【2】音質

 傾向としては大ざっぱに言えばドンシャリ。 ただし中域も充実感があり、ほぼフラットに近い。 音像は安定しており、大音量でも崩れない。 粘りと躍動感のある低域がタイトに引き締める密度感があるが、分解能が高いのでそのタイトな中でも低域に消されずに各楽器音がしっかり位置取りしながら響いてくる。 ピアノの表現にかなりレベルの高い彩りがあり、管楽音にものびやかさとなめらかさがあるのでジャズ向きかもしれない。

[高音]:透明感と伸びやかさに優れ、突き抜け感もあり、高さも出る(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:きらびやかな高域、支配的な低域に比べると落ち着いているが、緻密で方向感があり、奥行き感もかなりある。

[低音]:100~60Hzまでは力強く振動感もはっきり。50hz以下も振動感はあり、20hzまで震える音が存在感を伝えてくる。この強い振動感がドラムに活きの良さを与えていて、深まるが沈み込まない熱い音になる(分島花音「killy killy JOKER」、UVERworld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:かなりしっかりと低域が左右と下方向に陣取るのでその引き締めを意識しやすいが、ピアノの音を中心に中域にも存在感があり、奥行きを表現し、高域は高さも出すので天球のような広さを感じられる(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラム優位。ただドラムの振動感が強く出るので、弾力的で粘りがあり、アタック感の感じられる生命感と遊び心が感じられる。これは素直に気持ちよい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:高域は高く、透明で綺麗に抜けて光を感じさせる明るくきらびやかなイメージ。一方で中域ではのびやかさはそのままながらだいぶ肉厚で生命感のあるあたたかみのある音になる。

 

【3】官能性

 Choucho「空とキミのメッセージ」は水平線のように広がる厚みのある中低域の上に、高域女性ボーカルが陽光を受けて高く突き抜ける鮮やかさがあって、素直に良い。 ピアノと弦楽音が奥行きと煌びやかさを演出し、叙情性も高く、全体としてキラキラとした青い空と海の輝きと広さが感じられる中にボーカルの歌声ものびやかに開放されていく。 どんどん吹っ切れて気持ちが前向きになっていく曲調がうまく出ていて、聞いていてとても元気づけられる。

  ピアノと低域に精彩があるので、ジャズも楽しい。 Rasmus Faber 「コスモスに君と Jazz ver.」は立ち上がりの良いパーカッションが作る軽快な音場の中をピアノが鮮やかに踊るように駆け抜けていく。 しかも低域が足場を明確に作るので上滑りせずに音楽が身体に染みこんでくる。

  分島花音「RIGHT LIGHT RISE」は高さの上下が楽しい。 サビ前までは低域に近く肉厚に迫っているボーカルはサビで突然天井が抜けたように高く飛び上がるようになり、弾みを増して明るさを増す。 終始エネルギッシュな低域が楽しい音場に活力を与え続けるのも心地よい。 そして時折聞こえる金管楽音が広さと高さを意識させる。

  Kylee「大好きなのに」もレベルが高い。 この曲に必要な要素である、力強いが抜けの良いボーカル表現、生命力溢れるドラム、鮮やかなピアノ音すべて揃っている。 前半でエネルギーを溜め込んでフラストレーションがたまっていく緊張感が、サビやクライマックスに気持ちよく開放されるスカッとした爽快感が出ている。ぐだぐだとした恋が終わりにかけてすっきり吹っ切れる感じで元気にさせられる。

 

【4】総評

  この価格帯ではかなりよい出来のように思う。 低域重視だが躍動感があって、重たさはあるが音場を暗くしない。 そして中域でしっかり聞かせる肉厚ボーカルは高域で透明にきれいに高く抜けていく。 やや聞き疲れしやすい音ではあるものの、迫力は満点で音像に乱れもなく、シンバルなどにシャリ感があるものの、不快なほど尖らない。

 遅延は感じられず、aptX対応の音質を音楽・動画問わず思う存分楽しめる。

 

AUSDOM ワイヤレス ヘッドホン ブルートゥース ヘッドフォン bluetooth ヘッドセット 密閉ダイナミック型 M05


【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM M05 レビュー】低域の活きの良さにアタック感と精彩感のあるヘッドフォン。aptX対応。日本語を含む多言語マニュアル付属

広告