【ワイヤレスヘッドホン Satechi Bluetoothヘッドホン レビュー】アンティーク調でクラシックスタイルのミドルレンジBluetoothヘッドフォン。大音量でも音像が荒れない

Satechi アルミニウム Bluetooth ワイヤレスヘッドホン(iPhone 6, Samsung Galaxy S6などスマホ・タブレット用3.5mmオーディオ出力ジャック付き)低音迫力 ワイヤレス音楽ストリーミング対応 (ゴールド)

 

 アルミフレームにレザー調のイヤーパッドとヘッドバンドというアンティークデザイン。 全体として軽量でやや圧迫気味ではあるが、締め付けはそれほどきつくはない。 遮音性は高く、環境音はかなり低減されるが、音漏れは多め。

 aptX非対応。

 遅延は全く感じられないので動画鑑賞に向くが、数時間のテスト中、数回途絶が見られた。 だが途絶はきわめて稀であり、ときどきプツッと切れて電池切れかと驚く程度。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は英語マニュアルと日本語マニュアル、USB充電ケーブル、AUXケーブルが付属する。 左イヤーパッド裏にボリューム調節があるが、これはプレーヤーの音量調節とは独立に動作するようだ、 BT入力の他にAUX入力に対応する。

 

【2】音質

 傾向としては大ざっぱに言えばドンシャリとなろう。

 だがシャリ感はほぼなく高域は聞きやすい音。 非常に安定した解像度の高い音像は大音量でも崩れない。

 ほどよい距離感がありながら存在感と躍動感で音場をタイトかつ弾力的に演出する低音と広めの空間表現を作る中域。細かな音まで丁寧に拾う解像度の高さで緻密さも感じられるので、価格相応の音質は文句なくある。 密度よりは空間重視の表現であるが、タイトな低音はエネルギーを内側にほどよくためて決してスカスカな表現にはならない。

[高音]:透明感の強い音だが、尖りもなく温度感もある優しいが綺麗な音。息づかいが感じられる。ややハスキー気味に聞こえるかも知れないが、のびやかでほどよい突き抜け感もある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや奥まるが方向感が強く広さに貢献する。中域は鮮やかさにやや欠けるところもあるかもしれない。ピアノもギターも落ち着いた味付けでしゃくるようなところはそれほど出ない。

[低音]:40hzくらいまでしっかりと振動し、存在感がある。地鳴り感と張りのよい音で粒感があり、音像にボケが少ないタイトな音。沈み込む感じはない弾む元気な低音で腰高な空間演出に貢献している(分島花音「killy killy JOKER」、UVERworld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右の方向感と奥行きがあり、中域は広くその中域を低域がしっかり支え、抜けはそこそこで高さはほどほど。全体として三角形。(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムの精彩、躍動感がかなり強いのでパーカッションはドラムが支配する。そのせいか音場を展開していくよりは安定させるタイトな表現になりがち。(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:女性ボーカル向き。透明感と温度感がうまく調和した音色で刺さりのような不快要因が少ない。中域ではすこし分離感が弱まるところがあって低域に近づくほど混ざりやすくなるので男性ボーカルは少し聞きづらい場面もあるかも知れない。

 

【3】官能性

 歌組雪月花「回レ!雪月花」の中毒性がよく出ている。 低音のリズムビートが鳴り響いて躍動的な音場を意識させる中を女性ボーカルが踊るように自由に進んでいく。 そして緻密な楽器音がそこかしこから方向感を伴いながら楽しく響いてくる。

 同様にClaris「CLICK」も同様にリズムビートと緻密で空間的な音楽表現に女性ボーカルデュエットが主導する曲。 低域ビート優位でやや安定感重視ではあるものの、ボーカルを包み込んでいろんな音が方向感を伴って聞こえてくるので音場全体が弾んだり飛んだりするような楽しさがある。

 UVERworld「CORE PRIDE」は完全に低域ビートとボーカルが支配している。 ギターやキーボードの存在感がやや薄いので鮮やかさに欠けるが、一方でボーカルとタイトに引き締める低音がメリハリ良くまとめあげている。

 

【4】総評

 価格帯的にはミドルレンジに入ることもあり、低価格帯BTイヤホンにありがちな音の乱れる感じがほぼない。 高域の透明感と生気のある音と低域の音像のぶれない、躍動的な音に妙味がある。

 曲はどうしても安定感重視になるが、空間表現に緻密さもあってクラブミュージックは中毒性が高い。 ギターにアタック感がやや足りず、ピアノに鮮やかさが欠けるように思われるが、音像自体はきれいで価格相応の丁寧な表現。

 アタック感を求めている人にはややおとなしく感じられるヘッドフォンだが、安定的かつ躍動的、緻密さも忘れない表現は素直に楽しい。

 ちなみに外観はPioneer SE-MJ561BTと細かい差異があるものの、非常によく似ている。

 

 

Satechi アルミニウム Bluetooth ワイヤレスヘッドホン(iPhone 6, Samsung Galaxy S6などスマホ・タブレット用3.5mmオーディオ出力ジャック付き)低音迫力 ワイヤレス音楽ストリーミング対応 (ゴールド)


【ワイヤレスヘッドホン Satechi Bluetoothヘッドホン レビュー】アンティーク調でクラシックスタイルのミドルレンジBluetoothヘッドフォン。大音量でも音像が荒れない

広告