【ゲーミングヘッドセット AFUNTA G3 レビュー】低価格帯で使いやすいヘッドセット。価格の割に装着感が良く、音も良い

ゲーミングヘッドセット、AFUNTA G3ステレオ3.5mmジャックベースG3ゲームプレーヤーヘッドフォン浮上型ヘッドバンド ラップトップPC用 マイクとインラインコントロール付き ブラック&ブルー

 

 低価格なゲーミングヘッドセット。フレーム構造は柔軟で付け心地は悪くない。イヤーカップが大きめ。音漏れは大きい。

 音質は価格の割にかなりよい。隠れた逸品かも知れない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は簡単な中国語マニュアルのみ。左イヤーカップ裏に音量ボリュームを調節するコントローラが付いている。

 

【2】音質

 低価格だが大きめのドライバーのせいか案外音は迫力があってよい。音には刺さるところや割れるところはなく、高域も結構きれいに伸びる。

 

[高音]:のびやかでやや太めだが突き抜け感もあって気持ちよい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:かなり肉厚で迫力がある。

[低音]:100~70hzまでの振動感は比較的きれい、60hzでやや荒れる。50hz~30hzまで締まりが増して比較的丁寧に沈んでいく。ドラムのハリが良く出る腰のある音で力強い(分島花音「killy killy JOKER」、Roud Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右の方向を感じるパノラマな音場(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラム優位だが、パーカッションにアタック感がありよく走るので疾走感も出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:全体として肉厚だがのびやかさもあって悪くない。

 

【3】ゲーミング体験

 低価格の割に悪くない音質。

 オブジェクト音が多く精緻な空間表現をするPC版「Witcher3」でテストした。効果音にそれほど衝撃度がなく、聞きやすい音。水音に生々しさはあまりないが、火の音はそこそこ空気を焦がす感じが出ている。方向感はよく出ていて、近くの音の判別はしやすい。オブジェクト音が多いところでは広さもそこそこ感じられる。

 ホラーゲームの臨場感もそこそこ。 したたる水滴音や金属音にはやや硬さがあるが、空気を振るわす感じはそこそこ出て、恐怖感を感じさせる空気感は出る。

 低価格な割に意外と万能に楽しめ、クセも少ない感じに思う。これは悪くない。

 

【4】マイク

 マイクの音はやや粗く、もっさり気味。周囲のコンピューター動作音なども入り、キーボード音やクリック音も普通に入る。

 

【5】総評

 安めの価格設定で手頃だが、作りは悪くない。軽い装着感と万能で意外に優秀な音質は万能に音楽とゲームを楽しめるところがある。音楽はクラブサウンドに面白みがある。コスパという観点で言えばかなり魅力的だ。

 エントリー向けのゲーミングヘッドセットとして、とりあえずという買い物にはもってこい。この価格でこの音質ならまず失敗と感じることはない。安めの使い勝手の良いヘッドセットとして使い回せるだろう。ただマイク性能は素直によくないので実況動画に使うことを考えている人には向かない。

 

ゲーミングヘッドセット、AFUNTA G3ステレオ3.5mmジャックベースG3ゲームプレーヤーヘッドフォン浮上型ヘッドバンド ラップトップPC用 マイクとインラインコントロール付き ブラック&ブルー

 


【ゲーミングヘッドセット AFUNTA G3 レビュー】低価格帯で使いやすいヘッドセット。価格の割に装着感が良く、音も良い

広告

【カナル型イヤホン AIKAQI S500i レビュー】撥ねる低域、走るパーカッション、伸びる高域。明るい。

AIKAQI 有線 インナーイヤー型イヤホン マイク付き 音楽再生 ステレオインサイドホン iphone/Samsung galaxy スマホ対応 メタリックな色 密閉型 カナル型 ヘッドホン S500i plus シルバー

 

 軽量なデザインの有線カナル型イヤホン。遮音性は高くなく、音漏れはシャリシャリと少し出る。

 音の傾向がS350と似ているので同じドライバーを使っているのかも知れない。S350はかなりシャープで尖った音だったが、こちらはその尖りを少し抑えた味付けといった感じ。S350に比べて臭みが減って聞きやすく、万人向けになった印象だ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ケースとイヤーピースの替え。細身のケーブルコードはタッチノイズは普通に入る。

 

 

【2】音質

 音像がクリアで聞きやすい。若干シャリシャリするところはあるが、弾ける感じもよく出ており、全体として明るいドンシャリ。

 

[高音]:のびやかさと突き抜け感がある。クリアで少し尖りがちなところもある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや奥まるので弱く感じられるかも知れないが、そこそこの緻密さのある音。

[低音]:100hzから下方向に落ち着いた音だが、70hz~50hzにブーミーで妙に荒れる帯域がある。40hz以下は沈む。ドラムの地鳴りには少し撥ねるところがある(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:床面を意識させる低域に、奥行きを感じさせる中域、近めで高い高域と逆かまぼこの空間に思える(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:粒感はそこそこあって疾走感も出る。ドラムも弾みが良く躍動的なので技巧的ではないが明るい感じになる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは近めでクリア。少し尖るところはあるものの聴きやすい声。高域に突き抜け感がある。

【3】官能性

 Kylee「大好きなのに」はボーカルがクリアでしかもかなり高く突き抜ける。この曲のボーカルは力強い感じが出やすいが、このイヤホンで聞くとのびやかで上方向に向かって抜けようとする声。撥ねるドラムの助けを受けて上へと登っていこうとする元気で明るいサウンドになる。

 Claris「reunion」もリズムに弾けて撥ねる軽い感じがあって全体的に明るい。ブーミーな音が強いとこの曲はもやもや感が強くなるが、弾ける音のほうが強いので前向きな気持ちが強く表現される元気な曲になっている。

 supercell「銀色飛行船」も奥行きのある弦楽音が遠くまで水平線の広さを感じさせる中を上方向に向かうボーカルが高く飛翔する。全体に軽く明るめで重苦しさを感じさせるところは少ない。 

 

【4】総評

 明るい味付けのイヤホン。低域にほどよいブーミーさがあるが、撥ねる感じで上方向に向かい、パーカッションも走る感じがあり、ボーカルは上方向に突き抜ける。高域でのびやかな女性ボーカルに向く。低価格だが比較的良くまとめられている印象を感じ、これなら万能にいろいろ音楽を楽しめるのではないかと思う。

 

AIKAQI 有線 インナーイヤー型イヤホン マイク付き 音楽再生 ステレオインサイドホン iphone/Samsung galaxy スマホ対応 メタリックな色 密閉型 カナル型 ヘッドホン S500i plus シルバー

 


【カナル型イヤホン AIKAQI S500i レビュー】撥ねる低域、走るパーカッション、伸びる高域。明るい。

【カナル型イヤホン AIKAQI S350 レビュー】尖りのあるシャープな音質で突き抜け感のある音

 

AIKAQI 密閉型 カナル型 イヤホン 高音質 重低音 ステレオインサイドホン マイク付き ボリュームコントロール可能 インナーイヤー型 音楽再生 ヘッドホン iPhone スマホ対応 S350 グレー

 

 シックな色合いのグレーメタルの外観がかっこいいカナル型イヤホン。遮音性はそこそこあり、音漏れもそれほど大きくない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ケースとイヤーピースの替え。細身のケーブルコードはタッチノイズは普通に入る。

 

【2】音質

 全体として軽妙でシャープな音。シャリシャリシャカシャカしていると感じやすく、サ行が少し刺さる感じがあるが、キレの良い尖った人が好きな人には好みな味付けだろう。

 

[高音]:シャープに突き抜ける感じが強く、上へ貫いていくところがある。やや細めになるのでかすれる感じもあるがのびやかさと透明感もある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:シャープな音で粒感があるので緻密さが出る。かなりギザギザだがそれだけにメリハリも出やすい。

[低音]:100hzから下方向に落ち着いた音だが、70hz~50hzにブーミーで妙に荒れる帯域がある。40hz以下は沈む。このせいかドラムは上側は軽く乾いた感じがあって、地鳴りも荒いというか弾けた感じがあり、よく言えば元気が良く、悪く言えば落ち着きがなくやたら撥ねた音に聞こえる(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域がだいぶ上方向に軽く、高域の上への抜けも良いので腰高で天井が高く感じられる。音の解像度はやや粗い。(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:粒感があり、アタック感もある。シンバルは走り、ドラムも軽いので全体として疾走感が強い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:若干キンキンしやすい尖った音だが、それだけにメリハリと突き抜け感は強い。

【3】官能性

 nano.RIPE「ツマビクヒトリ」はかなりアタック感が強く、疾走感があってボーカルも貫くとげとげしさがあって非常に攻撃的。空間を切り裂く味付けでウニのような曲調。迫力は感じやすく、前半の疾走感を振り切って、後半クライマックス付近でいったん落ち着く場面ではテンションが切れた凧のような浮遊感が出て、気持ちよいところはある。

 Rasmus Faber「CHA-LA HEAD-CHA-LA Jazz Ver.」は重くならずに軽く抜ける金管楽器に細かな空気感を演出するパーカッションが気持ちよい。JAZZの楽しい軽妙さが出やすい味付けでピアノもおとなしめながらメリハリよく響く。大人の遊び心を感じる。

 分島花音「RIGHT LIGHT RISE」も軽めの表現だが、シャープな表現が緻密な曲調には合っている。ボーカルを包み込むように張り出す楽器音だが、覆い被さる感じにならないのでボーカルを潰さない。そのせいかサビではかなり密度の感じられる充実した空間になっていて満足度は高い。

 7!!「バイバイ」はギターの音がシャープで気持ちいい。パーカッションにも軽さと疾走感があり、重苦しさとは無縁。ややかすれ気味に聞こえるボーカルもハスキーな味わいでやや情緒不安定さを感じさせるが、それが逆に曲調に合っているといえる。 

 

【4】総評

 かなりシャリッとした音が好みを分ける。シャープな音質は中毒性もあるが、同時に臭みもあり、低域の表現も独特の撥ねる軽さがあるのも好き嫌いが出るところだろう。意外にJAZZの表現は面白く、低価格帯では妙味を感じる味付けに思う。ロック調にも悪くないだろう。

 

AIKAQI 密閉型 カナル型 イヤホン 高音質 重低音 ステレオインサイドホン マイク付き ボリュームコントロール可能 インナーイヤー型 音楽再生 ヘッドホン iPhone スマホ対応 S350 グレー

 


【カナル型イヤホン AIKAQI S350 レビュー】尖りのあるシャープな音質で突き抜け感のある音