【カナル型イヤホン audio-technica ATH-CKS550 レビュー】全体として粒感のある音。低域に限らない魅力

オーディオテクニカ SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS550 BK

 

 audio-technicaの低域重視SOLID BASSシリーズのエントリーモデル。耳にしっかり嵌まるカナル型で付け心地は良い。遮音性はかなり高く没入感は上々。音漏れもほぼない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ポーチとイヤーピースの替え。平形コードのタッチノイズはかなり目立つ。

 

【2】音質

 全体的に粒感のあるハキハキした音を鳴らす。低域重視モデルというだけあり低域は近めで存在感はあるがそれほど支配的でなく、高域にも煌めき感があって、中域も密度がある。

 

[高音]:まずのびやか。大音量ではほんの少し刺さりがちになるが、ほぼ荒れない。ややかすれ気味に出やすいところはある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ややおとなしめだが、存在感はしっかり。粒感があって緻密に聞こえる。

[低音]:ブーミーさの案外少ない綺麗な音で100hz~20hzまで素直に減衰する。途中60hzにややブーミーなポイントがある。低域パーカッションは躍動感があり、撥ねもしっかり感じる。深さもある音で存在感と迫力がある。だが中域以上を潰さない品もある(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域が強く意識され、中高域は少し奥まる(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:立ち上がり良好。弾けた音も締まった中にほどよい軽さも感じられ、力強さを与えつつ疾走感にも貢献するバランスの良い感じ(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:高域は透明感と伸びやかさがあり、突き抜け感も良好で高く飛翔する。どちらかというと女性ボーカルに合う気がする。

【3】官能性

 早見沙織&東山奈央「Hello Alone」は出だしから弾けた音が元気。終始粒感のあるパーカッションと音楽表現が力強い音場を作る。ボーカルはかなり密度の高い音楽に囲まれるが、サビではそこから頭一つ突き抜ける。全体としてボーカル周りに充満して豪華な色合いに感じる。

 petit milady「azurite」は低域が下からボーカルを支え、サビではボーカルはやや奥まり高さも出て浮遊感を感じる。ややシャリシャリした感じもあるが、ギターのアタック感も良く、ほどよい尖りがあって気持ちよい。

 Claris「カラフル」は終始印象的な低域と緻密な表現が力強く元気な曲にしている。ボーカルものびやかさと楽器に囲まれながらも埋もれない明瞭さがあって、印象的。サビでは楽器の密度のある空間を頭一つ抜けている。全体として迫力と豪華さのある力強くそして煌びやかさもある演出。

 鈴木このみ「DAYS of DASH」はかなりボーカルが力強く、パーカッションといっしょになってどんどんひっぱる。楽器はボーカルにどんどんエネルギーを集めていく感じで元気。全体として生命感に満ちたエネルギッシュな音楽で素直に楽しい。

 

【4】総評

 全体としてよくまとまっていて、この価格帯では素直にレベルの高さを感じる。どんな曲も力強くエネルギッシュになりやすいが、一方で高域でののびやかさと透明感もきれいで落ち着いた曲でも十分聞かせてくれる。ロックやクラブ系サウンドに強みがあるが、比較的万能。

 個人的にこの価格帯ではかなりおすすめできる。

 

オーディオテクニカ SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS550 BK

 


【カナル型イヤホン audio-technica ATH-CKS550 レビュー】全体として粒感のある音。低域に限らない魅力

広告