【カナル型イヤホン BCool BC-100R レビュー】高域は比較的味があるが、味付けはかなりおとなしめ

BCOOL カナル型 イヤホン ハイレゾ対応 高音質 密閉型 外部ノイズ遮断 マイク内蔵 通話可能 BC-100R レッド 「並行輸入品」

 

 金属光沢のメッキ処理が美しいカナル型イヤホン。ノイズキャンセリング機能搭載というが、たしかにそれらしい独特の粒感のある表現が感じられ、遮音性はそこそこ高い。音漏れも少なめに思う。「ハイレゾ対応」とあるが、スペック的に「Hi-fi対応」の誤りであると思われる。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ケースとイヤーピースの替え。細身のケーブルはタッチノイズ多め。せっかくノイズキャンセリングを搭載しているというのに、タッチノイズが目立つのは少し残念だ。

 

【2】音質

 ドンシャリなサウンド。ただ一昔前のノイズキャンセリングにあった独特の篭もったような感じのする粒感のある音のような雰囲気が出ていて、ノイジーに思ったり、やや迫力不足に思うかも知れない。低域は意外に鳴りがおとなしめ。高域はきれいに出るが、低域ほどざらっとしたところが出やすい。

 

[高音]:比較的透明でのびやかであり、ほどほどきれいな印象(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや篭もった感じが出る。

[低音]:100hz~30hzまではきれいに減衰する。音は粒感がやや強く、砂のようにざらっとしたところがある。おそらくノイズキャンセリングの効果だと思うが、ブーミーさにジャギーさが加わった感じになるので好みを分けそう(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:左右の方向感はそこそこある。全体として平面的に思う(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションは立ち上がりはそれほどでもなく、鳴り方も粒感ある方向付け。刻み感はあるが、シンバルがチャッチャッと軽い感じになり、少し弱々しく思うかも知れない(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは分離している。というより楽器が少し篭もったようなぼけたところがあり、ボーカルのそこそこの精細度に比べて大きく劣るところがあるため、ボーカルが浮き上がる。ぼんやりした背景にボーカルだけが比較的綺麗に聞こえる感じだ。

 

【3】官能性

 分島花音「world’s end, girl’s londo」は完全にボーカルだけ浮き上がっている感じだ。弦楽音やピアノ音はかなり音像が粗く、ぼんやりしている。そのせいか全体として尖りは少なく柔らかくまんまるに聞こえる。パーカッションには軽い粒感があるが、少しまとまりに欠ける印象を受ける。粒感のある音楽と聞いて思い浮かぶシャープさ、キレの良さはない。

 やなぎなぎ「ユキトキ」はボーカルにそこそこ精細さがあるので、悪くはない。ややぼんやりしたところはあるが、それはこの曲の春めいた陽気のような雰囲気を考えると味付けとしてはずれとは言いがたい。粒感のあるパーカッションがそこそこ活きが良いので動き回る躍動感は出ている。高域寄りの曲は比較的よいようだ。

 歌組雪月花「回レ!雪月花」はボーカル中心の展開と低域のブーミーサウンドがうまく出るのでかなり聴き応えがある。緻密さには欠けるが、聴いた中ではかなり悪くないとは思える。ただシャープさがないので、この曲のもう一方の魅力であるキレのよさは少し味気ないところがある。

 

【4】総評

 高域に鮮やかさがそこそこあり、聞き所があるように思うが、いかんせん一昔前のノイズキャンセリング的な篭もりがちな独特の音は好みを分けそうだ。炭酸が抜けたコーラといった感じの粒感はまろみがあって聴きやすいかも知れないが、刺激に乏しい。低域のざらつく感じも少し気になる。

 高域は比較的よく、またボーカルに焦点が合うようにぼんやり背景に徹する楽器音でボーカルに集中して聴きやすいというところは満足度が高いが、インストには魅力を感じづらそうに思う。聴いた中ではクラブミュージックに比較的味わいがあった。

 

BCOOL カナル型 イヤホン ハイレゾ対応 高音質 密閉型 外部ノイズ遮断 マイク内蔵 通話可能 BC-100R レッド 「並行輸入品」

 


【カナル型イヤホン BCool BC-100R レビュー】高域は比較的味があるが、味付けはかなりおとなしめ

広告

【インナーイヤー型イヤホン BCool BC-101WH レビュー】ボーカル中心の味付け。やや篭もって感じられるところがあるかも知れない

BCool カナル型 イヤホン 外部ノイズ遮断 マイク付き 密閉型 高音質 iPhone6/6s対応 BC-101WH ホワイト

 

 インナーイヤー型のイヤホン。差し込み型のイヤーピースだが、耳からほどよく離れているせいか、低域はおとなしめに聞こえる。遮音性はあまり感じないが、音漏れは比較的少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ポーチとイヤーピースの替え。平形の太めのきしめんケーブルだが、タッチノイズは少なめ。ただケーブルは少し重みを感じるかも知れない。

 

 

【2】音質

 インナーイヤー型なせいか、やや篭もった感じに聞こえやすいところはある。また大音量ではノイズ感が増すので場合によって音割れを感じるかも知れない。大ざっぱにはドンシャリといった雰囲気だが、低域に存在感があるものの、高域中心。ボーカル優位。

 

[高音]:のびやかで透明感もそこそこあるが、少し尖ってざわつくところもある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は高域より少し奥まる。

[低音]:100hz~70hzまではきれいに減衰し、60hzで少し荒れ、30hzくらいまでかろうじて振動が聞こえる。ブーミーだがおとなしめ(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルの後ろに楽器音が障子を作るような感じだが、それだけに左右の方向感はわかりやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションは脇役で、支えに回っている(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは手前にしっかり聞こえ、高域にやや精彩がある。

【3】官能性

 早見沙織&東山奈央「Hello Alone」はボーカル中心の味付けに思う。高域ボーカルにのびやかさと突き抜け感を感じるが、パーカッションが少し元気不足。そのせいか楽器音は曲を主導するところはほとんどなく、背景音に徹している感じが強い。

 petit milady「azurite」もボーカル中心。ドラムは支えに回っていて、ややボツボツした感じの音。サビでのボーカルの精彩感は悪くないが、パーカッションや楽器の表現に疾走感があまり出ていない気がする。また少しノイジーなところも感じられた。

 鈴木このみ「DAYS of DASH」は力強いボーカルにやや高めのキラキラした楽器音が味わいを加えている。本来は要所要所で締めるドラムは弱いのでややメリハリが足りないところがあり、疾走感もボーカル頼みなところがあるが、比較的聴き応えがある。

 

【4】総評

 総じてボーカル中心で高域のほうに妙味を感じる。高域が鮮やかでキラキラしている曲はそれなりの味わいができそうな雰囲気だ。ただパーカッションにメリハリをそれほど感じられず、音圧も弱く感じられ、篭もった感じもするところは迫力不足と思う場面も多いかも知れない。

 

BCool カナル型 イヤホン 外部ノイズ遮断 マイク付き 密閉型 高音質 iPhone6/6s対応 BC-101WH ホワイト

 


【インナーイヤー型イヤホン BCool BC-101WH レビュー】ボーカル中心の味付け。やや篭もって感じられるところがあるかも知れない