【インナーイヤー型イヤホン BCool BC-101WH レビュー】ボーカル中心の味付け。やや篭もって感じられるところがあるかも知れない

BCool カナル型 イヤホン 外部ノイズ遮断 マイク付き 密閉型 高音質 iPhone6/6s対応 BC-101WH ホワイト

 

 インナーイヤー型のイヤホン。差し込み型のイヤーピースだが、耳からほどよく離れているせいか、低域はおとなしめに聞こえる。遮音性はあまり感じないが、音漏れは比較的少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は携行ポーチとイヤーピースの替え。平形の太めのきしめんケーブルだが、タッチノイズは少なめ。ただケーブルは少し重みを感じるかも知れない。

 

 

【2】音質

 インナーイヤー型なせいか、やや篭もった感じに聞こえやすいところはある。また大音量ではノイズ感が増すので場合によって音割れを感じるかも知れない。大ざっぱにはドンシャリといった雰囲気だが、低域に存在感があるものの、高域中心。ボーカル優位。

 

[高音]:のびやかで透明感もそこそこあるが、少し尖ってざわつくところもある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は高域より少し奥まる。

[低音]:100hz~70hzまではきれいに減衰し、60hzで少し荒れ、30hzくらいまでかろうじて振動が聞こえる。ブーミーだがおとなしめ(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルの後ろに楽器音が障子を作るような感じだが、それだけに左右の方向感はわかりやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションは脇役で、支えに回っている(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは手前にしっかり聞こえ、高域にやや精彩がある。

【3】官能性

 早見沙織&東山奈央「Hello Alone」はボーカル中心の味付けに思う。高域ボーカルにのびやかさと突き抜け感を感じるが、パーカッションが少し元気不足。そのせいか楽器音は曲を主導するところはほとんどなく、背景音に徹している感じが強い。

 petit milady「azurite」もボーカル中心。ドラムは支えに回っていて、ややボツボツした感じの音。サビでのボーカルの精彩感は悪くないが、パーカッションや楽器の表現に疾走感があまり出ていない気がする。また少しノイジーなところも感じられた。

 鈴木このみ「DAYS of DASH」は力強いボーカルにやや高めのキラキラした楽器音が味わいを加えている。本来は要所要所で締めるドラムは弱いのでややメリハリが足りないところがあり、疾走感もボーカル頼みなところがあるが、比較的聴き応えがある。

 

【4】総評

 総じてボーカル中心で高域のほうに妙味を感じる。高域が鮮やかでキラキラしている曲はそれなりの味わいができそうな雰囲気だ。ただパーカッションにメリハリをそれほど感じられず、音圧も弱く感じられ、篭もった感じもするところは迫力不足と思う場面も多いかも知れない。

 

BCool カナル型 イヤホン 外部ノイズ遮断 マイク付き 密閉型 高音質 iPhone6/6s対応 BC-101WH ホワイト

 


【インナーイヤー型イヤホン BCool BC-101WH レビュー】ボーカル中心の味付け。やや篭もって感じられるところがあるかも知れない

広告