【ワイヤードヘッドセット Earto IP-980 レビュー】どっしりサウンドを聴かせる廉価なヘッドセット。重厚なオーケストラサウンドに向く

Earto IP-980 ステレオヘッドホン 高音質 密閉型ヘッドホン 3.5mm 有線 かっこいい 通話 ヘッドセット イヤホンマイク付き ノイズキャンセリング オーディオケープル ヘッドバンド HIFIイヤホン PC/ Smart Phone/ iPhone / iPad/ Samsung/ PSP/ iPod/ HTC/ Blackberry /Android 兼用(Black)

 

おすすめ度((おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。))

f:id:kanbun:20160515053308j:plain

 廉価かつ軽量で伸縮も大きく装着感の良いヘッドセット。折りたたんで持ち運べたりはしないが、軽くてフレームもかなり柔らかいので携行にそれほど不便はない。耳当たりが柔らかく密着性はそれほどないせいか遮音性はそれほどでもなく、音も結構漏れる。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はとくにない。ケーブルはナイロン編み込みで丈夫。タッチノイズは全くない。ケーブル途中にコントロールパネルがあり、マイクが付いている。

 

【2】音質

 全体として肉太さのあるどっしり気味のサウンドを聴かせてくれる。低域が下方向に引き締める、安定的な音場。低域はそれほど強くないが、重みのあるしっかりした音。音場は左右に広い。

 

[高音]:やや太め肉厚で突き抜け感はそれほどでもない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:左右に広く、そこそこ奥行きも表現するがおとなしめ。ギターはやや篭もるが、ピアノは肉厚で力強い表現。
[低音]:100hz~30hzまでそこそこ締まりのある振動できれいに減衰する。20hzからは沈む(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:空間は左右に広く開放的。低域が重いのでやや下に向かう。ハンガーのように両端に重みを感じる(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:低域の重さに引っ張られ、弾みよりは重みが目立つ安定的に出やすい感触。全体的に重みがあり、はじける音も下に抜ける感じだ(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:左右に広い楽器の中心にいる。肉厚な声色で女性ボーカルは若干暗めに感じるかも知れない。

【3】官能性

 Choucho「優しさの理由」はどっしりした低域と肉厚なボーカルと重厚さのあるピアノなどが全体として力強さ重視のサウンドを奏でる。ボーカルはのびやかさや突き抜け感が乏しいところがある。ドラムは一貫して地鳴り感を曲に加えて、熱量を高めている。

 ダイスケ「いつだって。」は高域のキラキラ感はあまりなく、肉厚な低域重視。ボーカルも言葉に重みを加えながら響いてくる。サビは少しもっさりして行って来いなところがあるので開放感に欠けるものの、むしろサビ前の歌詞のメッセージ性は高い。

 ZAQ「Sparkling Daydream」はイヤホンによっては煌めきが出やすく、キンキンするところもあるが、このイヤホンで聴くとボーカルと低域が目立って安定感と力強さが出る。疾走感や開放感には欠けるが、マグマのように熱量のあるサウンドになっている。

 鈴木このみ「銀閃の風」のシングルCDに収録されている「オラシオン」を聴いて、ようやくこのヘッドセットの味わいのコツがわかった気がした。このCDのバージョンでは伴奏が重厚なオーケストラサウンドになっているが、熱量と荘厳さのあるメロディーが響く中に力強いボーカルが聞こえてくるその表現には圧倒される。この曲の伴奏は高域はボーカル頼みでオケは下に厚みを作る表現になっていて、それがこのヘッドホンに合うようだ。

 

【4】総評

 全体として重い。ただオケサウンドを聴くと荘厳さと重厚さが出やすく、高域の鮮やかさはないものの、地鳴り感のある厚みに妙味がある。どんな曲ももっさりしやすく、好みを分けそうだが、低域モデルの一つのあり方としては悪くない。低価格で手に入れやすいのも美点だ。

 

Earto IP-980 ステレオヘッドホン 高音質 密閉型ヘッドホン 3.5mm 有線 かっこいい 通話 ヘッドセット イヤホンマイク付き ノイズキャンセリング オーディオケープル ヘッドバンド HIFIイヤホン PC/ Smart Phone/ iPhone / iPad/ Samsung/ PSP/ iPod/ HTC/ Blackberry /Android 兼用(Black)

広告

【aptX対応ワイヤレスイヤホン SoundPEATS QY7 レビュー】広い空間表現と充実した低域。味わい深いきれいな表現にコスパを感じる

SoundPEATS QY7 Bluetooth イヤホン 高音質 低遅延 IPX4防水 ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ブラック

 

おすすめ度((おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。))

f:id:kanbun:20160515053531j:plain

 スポーティなデザインがかっこいいBlueToothイヤホン。以前紹介したQCY QY7のOEM品のようだ。低域の存在感があり、広さの感じられる空間表現がうまいイヤホン。音には尖りの少ないなめらかさがあり、聴きやすく、深味も感じられる。

 

 イヤホンピースにほどよく角度が付けられており、耳の内部までしっかりはまりこむ構造で装着感が良い。 遮音性も高く、音漏れは比較的少なく、環境音の遮断もカナル型では標準以上くらいの能力はありそうだ。aptXに対応する。

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は日本語と英語のマニュアル各一冊ずつとイヤーピースとイヤーフックの替え、USB充電ケーブル。 平形のケーブルコードはややタッチノイズが目立つ。

 

【2】音質

 音の傾向としてはドンシャリ風に思えるが、重低音のドンに頼る感じなので、低音量時や重低音の少ない音楽は全体としてシャリ感の目立つ感じだ。  低音より上はフラットに近いか。 なめらかで聞きやすい音で、全体的に明瞭感が高く、低音も輪郭感のある表現。

 ドラムの弾力感もなかなかなので、この価格帯では圧力と広さが感じられ支えとしては十分。 重低音の利きはよくズンズンドンドン来るが、このイヤホンは低音量時には重低音がうまく響かないようで楽しむには一定の音量ボリュームが必要だ。

 

[高音]:高音は天井感があり、突き抜け感に乏しく湿気ったようなかすれがあるものの、伸びと余韻の残し方はなかなかで味わい深いところがある。 ボーカルは近めでわかりやすく、やや歌詞はぼけるが肉厚な感じで雰囲気勝負な明確さのある味付けで心地よい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中音域でのピアノやギター表現はなかなかに鮮やかであり、輪郭がきれいで音色を問わず水準以上の情感表現がされている感じで素晴らしい。

[低音]:100hz~50hzくらいまで素直に減衰する。40hz以下も存在感がある。ほどよい弾みと深みが同居したバランス感覚の良い音に感じる(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:メリハリ感があり、上方向で明るい味付けと言え、ポップスなどは聴き応えあるが、天井の近さが気になる人はいるだろう。全体として横方向に長いパノラマな音場(petit milady「azurite」、やなぎなぎ「ユキトキ」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:重くズンとくるドラムが目立つのでやや安定感重視。タイトさもほどよく感じられる。アタック感はやや乏しいか(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは温度感のある音でほどよいのびやかさもある。透明感と突き抜け感はそれほど感じられないが、元気で肉太な声。

 

【3】官能性

 Claris「カラフル」はピアノと弦楽音がきらきら輝いていて文字通りカラフルな色彩感がある。ボーカルは飛翔感は少ないものの、透明感は感じやすく、温度感もあって刺さりとは無縁なあたたかみの感じられるのびやかな声。比較的満足度は高い。

 Kylee「大好きなのに」は存在感があるが強すぎないあたたかみのある低域が躍動的な音場を作る上に音楽が展開する。ボーカルは肉太でやはり密度が高くあたたかい温度のある声。サビでの突き抜けが甘いが、反面音場に密度があってエネルギッシュだ。

 supercell「My Dearest」はイヤホンによっては刺さりやすく、ガチャガチャしがちだが、このイヤホンでは柔らかみがあって聞きやすい。反面サビ付近では個々の音像がぼやけて感じられるところはあり、緻密な表現が好きな人には物足りなく思えるかも知れない。またボーカルは高域で突き抜ける感じがなく少し物足りない。

 

【4】総評

 評判の良いイヤホンだが、それを裏付けるクセのない聞きやすい音。比較的万人に受け容れられやすい。とくに中域の鮮やかさのある音はこの価格帯では聴き応えあり。ピアノと弦楽音を聴けばこのイヤホンの魅力はわかるだろう。

  メリハリ感があり、上方向で明るい味付けと言え、ポップスなどは聴き応えあるが、天井の近さが気になる人はいるだろう。 気になるのはaptX対応というが、当方の個体はaptXで聴いても無線による切れ目が明確に出てしまうことがあり、ポツポツ細かな途切れが入って興を削がれる場面がやや多いことくらいか。 あとは細かい点では中低音あたりの金管楽器の分離がうまくないのか当方の個体では吹奏楽曲など金管楽器メインの曲を聴くと低音域にノイズが入ることがある。 以上の問題はしかし、個体差の問題の可能性もある。

 

 この価格帯ではコスパの良さが感じられ、この音質なら文句なくおすすめだ。

 

SoundPEATS【メーカー直販/1年保証付】QY7 Bluetooth イヤホン 高音質 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 防水 防滴 スポーツ仕様 ワイヤレス イヤホン(ブラック)