【カナル型イヤホン KINDEN EP50 レビュー】なめらかで聴きやすい音質。広い空間表現

KINDEN イヤホンEP50 掛け式 カナル型 インラインマイク iPhone、Android各種対応 ブラック

 

 シュア掛けに最適化されたイヤーフック構造つきのカナル型イヤホン。遮音性は普通といった感じで、それほど高くなく、音漏れはやや少なめの印象。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、キャリングバッグ。タッチノイズは普通。

 

【2】音質

 広めでなめらかさもあり、聴きやすい音が特徴。音像は低価格モデルでははっきりしたところがあり、クリアさは高い。ただ立ち上がりは普通でシャープネスも強くなく、全体的におとなしめな演出に思う。フラットに近い。

 

[高音]:のびやかだがややおとなしめで暗く感じるところもある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:明瞭性は比較的高く、広さも感じられる。
[低音]:100hz~20hzまできれいに減衰する。70hzくらいがややピークを作る。ドラムは熱量強めだが、少しもっさり(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:広さは感じやすい。全体的に空間にやや空疎な感じがあり、ボーカルだけが中心に少し分離された感じがある(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:ドラム優位で安定感強め(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:なめらかで聴きやすい音。高域はややおとなしい

 

【3】官能性

 東京カランコロン「スパイス」はドラムが強くややもっさり。ボーカルも若干暗く、ややおとなしめに感じる人も多いかも知れない。音には滑らかさがあり、聞きづらいところはない。

 鹿乃「ディアブレイブ」も重ためな曲調でやや篭もって感じられるところもある。音自体は明瞭性が高く、なめらかさを感じるものの、中域の鳴りはかなりおとなしい。ボーカルもやや暗め。

 supercell「My Dearest」は広さを感じるゆったりサウンド。ボーカルは若干暗めなものの、のびやかさはある。サビに向けての展開は少し重たいが、ガチャガチャしたところはない。ただ人によってはおとなしすぎると感じやすい。

 Claris「CLICK」はもっさり気味の安定サウンド。ボーカルは肉厚でのびやかだが、やはり若干暗く感じる。ただ低域の重さが安定的なリズムを作っていて、カロリーやや高めでリズムは感じやすく、説得力はそこそこある。元気は若干足りないと思うかも知れない。

 

【4】総評

 低価格のイヤホンにしては聴きやすく、なめらかで音像にきれいなところがある。広さの表現も感じやすい。ただ逆にそれがスカスカな空疎さにもつながっているのは思案のしどころ。低域から高域のバランス、刺さらない表現など非常に質の良いところを感じさせる反面、やや暗めの表現、篭もったように感じられるところなど物足りないところもある。

 

KINDEN イヤホンEP50 掛け式 カナル型 インラインマイク iPhone、Android各種対応 ブラック

 


【カナル型イヤホン KINDEN EP50 レビュー】なめらかで聴きやすい音質。広い空間表現

広告