【ワイヤレスイヤホン Picun H9 レビュー】圧倒的量感と密度のある充実空間を作るワイヤレスイヤホン。コスパ最強クラスの作り込み

Bluetooth 4.1スポーツイヤホン Picun 耳掛け式タイプ CVC6.0 防水/防汗 防脱  小型軽量 音量調節機能付き 高音質 ハンズフリー通話Pc/iphone/Samsung/Laptop /インテリジェントテレビなどに対応 H9 (Black/Sliver)

 

 差し込まれるイヤーピースとイヤーフックが装着感を高めているワイヤレスイヤホン。音量が大きめに出て、没入感は高いが、音漏れはやや大きめ。

 aptXには対応しない。遅延はほぼない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル。細身の平形ケーブルにタッチノイズはほとんどない。

 

【2】音質

 量感と密度のある中域と自然なのびやかさのあるボーカルが魅力的。音に臭みがなく、キラキラした感じなどはなく、アタック感もそれほど強すぎず、キレが鋭いわけでもない。だが、滑らかで自然で聞きやすい音は充実感を得られやすい。価格帯では頭一つ抜けていて、ほとんど文句のつけようがない。

 

[高音]:なめらかな音で刺さりとは無縁なマイルドな音(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:量感があり、密度も感じられ緻密さもほどよく出る。広さはそれほどでもないが、全体的にバランス良く感じられる音。

[低音]:厚みのあるブーミー音。90hz~60hzあたりが非常に厚ぼったい。50hzからはやや沈むが、量感はあり、下方向に厚みを作る。ドラムはとくに熱量高めで弾けが強い(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的にボーカル中心に密度のある感じで頭の周りを囲む感じの音場(petit milady「azurite」、分島花音「world’s end, girl’s londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:アタック感もそこそこあるが強すぎない。それでも音圧があり、はっきりとリズムを作る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:なめらかで自然な声色でなかなかの聴き応え。

 

【3】官能性

 nano.RIPE「ツマビクヒトリ」は厚みと疾走感を出すパーカッションが楽しい。ボーカルは自然で突き抜け感もあるのびやかさで前へ前へと曲をどんどんリードしていく。それを囲む楽器たちも密度を作ってボーカルの疾走を力強いものにしている。聴き応えあり。

 鹿乃「ディアブレイブ」はイヤホンによってはかすれて聞こえやすいボーカルではあるが、このイヤホンでは自然な温度感の感じられる、艶やかさを失わない瑞々しい声色できれい。楽器音にも全体的に潤いがあり、清涼感のある仕上がりに感じる。

 supercell「My Dearest」は密度と緻密さ、そして刺さらないなめらかさのある音で表現力は高い。また爆発力のあるドラムが生命感も感じさせる。ボーカルも細くならず、潤いのあるのびやかさがあって綺麗。サビでもガチャガチャせずしっかり楽器の音を描き分けて緻密さを感じ、その量感の迫力も圧倒的。

 Claris「CLICK」も緻密と密度のある元気で力強い空間に包まれている。ボーカルにはのびやかさと生命的な丸みがあるが、突き抜け感もある。だが尖らないので耳に痛く刺さる場面がない。厚みのある低域が奏でるブーミーサウンドにも魅力を感じる。

 

【4】総評

 これはおすすめ。aptXに対応しないが、それを感じさせない安定的な通信性能で未対応だからと言って遜色はない。密度と緻密さと量感、この全てが揃っていて、この価格帯では文句なくベストバイに近いワイヤレスイヤホン。とはいえ、この価格帯はaptXに対応した実力派のライバル機が多く、それらを完全に圧倒とはいかないものの、刺さりや歪み、音割れと無縁な良質イヤホンで作り込みの良さを感じさせる。ロック、ポップス、クラブミュージックにとくに妙味を感じる。

 

Bluetooth 4.1スポーツイヤホン Picun 耳掛け式タイプ CVC6.0 防水/防汗 防脱  小型軽量 音量調節機能付き 高音質 ハンズフリー通話Pc/iphone/Samsung/Laptop /インテリジェントテレビなどに対応 H9 (Black/Sliver)

 


【ワイヤレスイヤホン Picun H9 レビュー】圧倒的量感と密度のある充実空間を作るワイヤレスイヤホン。コスパ最強クラスの作り込み

広告